愛犬のためのドッグフード完全ガイド7
ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。
ホームボタン

ドッグフードを買うのにどのくらいのお金がかかるかご

ドッグフードを買うのにどのくらいのお金がかかるかご存知ですかドッグフードの値段は10kgで1000円前後の大袋に入ったドッグフードから1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードまで様々ですが、500円から700円程度のドライタイプがペットショップでの売れ筋のようです。

食料品としてみた時に、この相場は妥当なのでしょうか。人よりも犬のほうがいいものを食べているようだ、と思うかもしれませんが、予想しているほど、プレミアムドッグフードは高価ではありません。
毎日同じフードを、犬は10年以上取り続けます。
安全基準の定かではないドッグフードを食べては、犬の健康にも不安があります。原材料に何が使われているなんてさっぱりわからないドッグフードですが、食品衛生法などで守られていないという点で、実にまともではないです。

ジャンクフードのほうが、よっぽど安全です。ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべきか意見が分かれるところです。

しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。



また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、炭水化物は不必要である」と述べています。他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨している訳ではなく、与えなくても大丈夫、という意見が多く見受けられます。犬にとって必要不可欠な成分ではないので、市販のドッグフードにも「炭水化物」を強調しているものは見当たりません。しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。
なぜならば、価格を抑えてドッグフードを作れるからです。

たんぱく質を取るなら穀物はお勧めの原料ではありません。
炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。

犬の健康を考えたときに、肉派と穀物派に分かれるのではないでしょうか。
しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。



炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。


一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。


特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。なぜならば、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。
良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。
何を基準にドッグフードを選びますか?売主側としては、商品のフレーズは重要です。

なぜなら、そのフレーズによって買い手側が買うかどうかの決定材料になるからです。


ドッグフードはもちろん、どんな商品でも広告文章は強調されて配置されています。次のような言葉がデザインされたドッグフードを例に挙げてみます。


愛犬が柴犬の客にとっては「柴犬専用」という商品を思わず手に取ってしまうでしょう。



冷静に考えると、そもそも柴犬専用のドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。専門的なことはよくわからないけど、メーカーが柴犬専用だとわざわざ教えてくれてるんだし、良いんじゃない?そのドッグフードを精査する部分が「柴犬専門」だけでいいと判断しても大丈夫なのでしょうか。
目につく文章を商品から排除すべきとの意見を述べるつもりはありません。ただ、ドッグフード選びにあたって、広告コピーのことは一旦、忘れてください。
いつもドッグフードを食べさせている場合、絶対確認すべき項目は、「いろいろな栄養が入っている食べ物かどうか」「ペットフード公正取引協議会の規格を合格しているかどうか」「体調に見合ったドッグフードを食べさせる」の3つのポイントがあります。

飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、おやつ、追加する食事に分けられます。
総合栄養食があれば、一般的に犬の栄養がしっかり摂れて、あと必要なのは水分だけです。
即ち、毎日与えて問題がない食べ物です。おやつは食事の時間外に食べさせるもので、それとは別に付けたしで食べさせるものもあり、動物病院で処方される療法食の一部も含まれることがあります(療法食の多くは総合栄養食として食べさせることができます)。まとめると、軽食とか、主食にならないフードとかばかりでは、犬が不健康になってしまうので、毎回与える食品に該当しません。ドッグフードを選ぶときは必ず最初に「総合栄養食」の表記があるかどうかを確かめるようにしてください。動物性のタンパク質がとても重要になってきます。犬は本来人間と同じものが食べられます。

体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。犬が必要としている栄養はタンパク質です。
犬は人間よりたくさんのアミノ酸を摂取し、タンパク質から取らなければいけません。
このとき、重要になってくるのは良質な動物性タンパク質(つまりお肉)を中心にタンパク質を摂取することです。
植物性のタンパク質は犬が必要とするアミノ酸を全部取ることは不可能です。また、犬の消化器官は植物性タンパク質の分解を苦手としています。


ドッグフードは価格が安く、低品質な穀物とタンパク質をきちんと考えられています。しかしドッグフードの袋には粗タンパクしか栄養素が書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり含まれているか分かりません。犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されると一般に販売されているドッグフードでは物足りないのでは?という疑問を抱きませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。


家族であるわんちゃんにも自分と同じように安全なものをという気持ちから、ドッグフードの成分に疑問を抱くこともあるかもしれません。では、いったいどんなドッグフードを選べばいいのか、疑問に思うかもしれませんが、不要な成分が含まれていない食事と言えば、生肉ぐらいになってしまいます。



それよりも、きちんと犬の状態を確認し、まずは健康を第一に考えて、わんちゃんの体質に合ったドッグフードを選ぶべきです。



まずは大まかにドッグフードを選別し、選別したものを一つ一つ原材料などを着目していくようにし、犬にとってどのドッグフードが最良か考えることが必要です。

動物性のタンパク質を取らないといけません。犬と

動物性のタンパク質を取らないといけません。犬と人間と食べるものが同じでも、栄養バランスの取り方は全く違います。


犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。


犬は人間よりかなりアミノ酸が必要です。そのためにはタンパク質がカギです。ここで、大事なものは肉を中心とした動物性タンパク質が重要となってきます。植物性タンパク質は犬に必要なアミノ酸をたくさん摂取することが出来ません。実は、犬の消化器官は植物性タンパク質を分解することが難しいです。ドッグフードは安価で低品質な穀物でタンパク質のかさを増やしているものが多く見られます。しかし、ドッグフードの袋には、粗タンパクとしか表示されていないから、必須アミノ酸の量が分かりません。

家族の一員である犬のドッグフードは厳選して選びましょう、というと一般に販売されているドッグフードでは物足りないのでは?という疑問を抱きませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。



家族の一員だからこそ、人間の食事に比べて低質に感じることもあるでしょう。その結果、神経質になりすぎてドッグフードに疑念を持ってしまいそうですが、保存料や添加物のないドッグフードを選ぶとなると、極論を言えば「生肉を与える」方法しかなくなります。


そこまで悩まずとも、犬の生態を勉強し、ライフステージや犬種ごとにかかりやすい病気、さらにはサイズといった条件からベストなドッグフードを見つけることが先決となります。



そして、条件にマッチしたドッグフードをいくつか選んだら、さらにその中で細かく成分などを見比べて、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。どのような着眼点でドッグフードを購入していますか?広告コピーは消費者の思考を簡素化、抽象化させるのが目的で、広告コピーは売り手側にとって商品の売り上げを左右する重要なものです。
ドッグフードに限らず、広告コピーは商品の一番目立つところに書いてあります。

あるドッグフードで次のような広告文章が配置されている場合を考えてみます。
柴犬の飼い主にとっては「柴犬専用」と書かれているドッグフードは魅力的に映るでしょう。
しかし、柴犬専用のドッグフードとはいったいどういうことなのでしょうか。
取りあえず「柴犬専用」とかいてあるから間違いはないんじゃない?「柴犬専門」かどうかはそれだけではわからない部分もあります。それ以上に、そのドッグフードを選定する基準は他にはないのでしょうか。強調されたフレーズを批判しようとは思いません。

私はフレーズのみでドッグフードを選んでしまうことには疑念を抱いています。


毎食ドッグフードを使うなら知っておくべき点は、「いろいろな栄養が入っている食べ物かどうか」「ペットフード公正取引協議会の規格を合格しているかどうか」「体調に見合ったドッグフードを食べさせる」の3つのポイントがあります。



ドッグフードは与える理由別に、栄養補給に欠かせないもの、食べたがるもの、水分補給のものがあります。総合栄養食には必要な栄養が含まれていますので、水分補給を忘れなければ問題ありません。端的に言えば、これさえ食べさせておけばOKです。おやつをあげる場合もあり、また、総合栄養食に加える食べ物もあり、動物病院で出される症状にあった食べ物も入ることがあります(この食べ物はほとんどの場合総合栄養食です)。



要するに、軽食や他の食品では十分な栄養が摂取できないから、基本の食事にならないのです。

ドッグフードを買う際にはまず初めに「総合栄養食」と書いてあるか確認してみてください。ドッグフードは高いと思いますか、安いと思いますか安いものでは1000円大の大袋から、高いものになるとその倍以上にもなるものもありますが、500円から700円程度のドライタイプがペットショップでの売れ筋のようです。


では、この価格帯は、食料品として正しいのでしょうか。人間の食費だってままならないのに、犬がこんなに高価なものを食べているのかと思う場合もあるでしょうが、プレミアムドッグフードと呼ばれているドッグフードでも人間の食費よりは安いはずです。犬は毎日、10年以上も同じフードを食べ続けます。安全基準の定かではないドッグフードを食べては、犬の健康にも不安があります。
「まともじゃない」は言い過ぎではなく、安全基準が定かではないドッグフードの原材料はまともじゃないのです。
はっきり言って、人間の食べるジャンクフードの比じゃないですよ。世の中には犬の食事はお肉中心より穀物中心のほうが良いという方もいらっしゃいます。

犬は炭水化物を上手く消化できません。



また、動物栄養学国立研究会議(NRC)も「犬・猫の構造上、炭水化物は不要であり、炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。

また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いというのではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。
どういうことかというと、単純に原価を下げるためです。
穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。



犬の健康を考えたときに、肉派と穀物派に分かれるのではないでしょうか。しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。
一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。


わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。
良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、やはりわんちゃんの食事はお肉中心にすることがお勧めです。

ドッグフードの値段について、考えたことは

ドッグフードの値段について、考えたことはありますかドッグフードの値段は10kgで1000円前後の大袋に入ったドッグフードから1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードまで様々ですが、ドライタイプの中でもよく目にするのは約500円から700円のものでしょうか。
この相場は、果たして食料品としてのドッグフードとしては適切なのでしょうか。


人間以上に犬のほうが贅沢なものを食べるなんて、と思うこともあるかもしれませんが、思っていたよりも、プレミアムドッグフードは安いです。
毎日同じフードを、犬は10年以上取り続けます。

まともじゃないものが入ったドッグフードを食べて健康を害したら、そのぶん治療費がかかります。


原材料に何が使われているなんてさっぱりわからないドッグフードですが、食品衛生法などで守られていないという点で、実にまともではないです。

安全の度合いでは、人間のジャンクフードのほうがはるかにましです。


家族の一員である犬のドッグフードは厳選して選びましょう、というと市販では低品質のドッグフードしか購入できないと考えてしまいがちになりませんか?含まれている成分表示を見てもピンとこないかもしれません。
人の食事と比較してドッグフードの品質に疑問を感じるのは、家族なら当然の感情かもしれません。
この様な考えではドッグフードを選べない、と悩んでしまいそうですが、保存料がなく、無添加の食事というと、生肉にするしかないという結論に行きつきます。

それよりも、きちんと犬の状態を確認し、犬の種類はもちろんですが、子犬か老犬か、体格などにもよって選ぶべきドッグフードは変わってきます。



まずは大まかにドッグフードを選別し、選別したものを一つ一つ原材料などを着目していくようにし、ワンちゃんのためにぴったりなドッグフードを選んであげることが重要です。動物性のタンパク質がとても重要になってきます。

犬は本来人間と同じものを食事することが出来ます。


栄養をどう取るかというのは犬と人間とは全く異なります。犬が一番必要だと思われる栄養素はタンパク質です。

犬は人間よりかなりアミノ酸が必要です。

そのためにはタンパク質がカギです。

そのためには、肉類などの動物性のタンパク質がとても犬の体には重要となってきます。



植物性のタンパク質は犬が必要とするアミノ酸を全部取ることは不可能です。犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。ドッグフードは価格が安いし、今はタンパク質の量も見直されています。

しかし、ドッグフードの袋には、粗タンパクとしか表示されていないから、必須アミノ酸の量が分かりません。

ドッグフードを食事の基本にする時に気を付けるべきことは、「必要な栄養が適量配合されたものかどうか」「ペットフード公正取引協議会の基準に合っているかどうか」「発育状況にマッチしたドッグフードを出す」の3つの重点があります。
ドッグフードは、栄養バランスがとれた食事、気分転換に食べる物、不足した栄養を補うものに分別できます。


総合栄養食は、基本的にはそのフードとお水だけで犬の栄養が満たされるフードのことです。



だから、基本の食事に使うのにふさわしい食品です。間食は軽い食事になるもので、それ以外には味付けなどで与えるもので、動物病院で処方される療法食の一部も含まれることがあります(療法食の多くは総合栄養食として食べさせることができます)。



つまり、間食やその他の目的食はそのフード単独では犬の栄養を満たすことができないため、主な食事に相応しくないものです。
ドッグフードを探す場面では一番目に「総合栄養食」と明記されたものを見つけてください。どのような着眼点でドッグフードを購入していますか?宣伝広告の文言は、お客さんが商品をイメージしやすくするために、購入につながるかどうかカギとなるものです。

ドッグフードはもちろん、どんな商品でも広告文章は強調されて配置されています。

次のような宣伝広告のドッグフードがあったらどうでしょうか。柴犬のドッグフードを探している客にとって「柴犬専用」という文章は他の商品に比べて目につきやすくなるでしょう。しかし、具体的には、そのドッグフードのどこが柴犬専用なのでしょうか。


犬の専門知識があるわけではないし、販売店がいうことに間違いはないだろう。


確かにそうかもしれません、しかしそうでない可能性もあります。



なにより、そのドッグフードの良し悪しを決めるポイントが「柴犬専用である」ところではないかもしれません。
私は広告コピーが悪いとか嘘だとか言いたいわけではありません。
私はフレーズのみでドッグフードを選んでしまうことには疑念を抱いています。犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨している訳ではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。実際に、ドッグフードの表記に「炭水化物」はありません。なぜなら、重要な成分ではないからです。それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、価格を抑えてドッグフードを作れるからです。たんぱく質を取るなら穀物はお勧めの原料ではありません。必要のない炭水化物が多く含まれているドッグフードよりも、肉が主体のものを選ぶべきです。世の中には犬の食事はお肉中心より穀物中心のほうが良いという方もいらっしゃいます。
しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。


炭水化物については犬・猫は必要ない」と発言しました。また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いというのではなく、与えなくても大丈夫、という意見が多く見受けられます。実際に、ドッグフードの表記に「炭水化物」はありません。
なぜなら、重要な成分ではないからです。

それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、単純に原価を下げるためです。穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、必要のない炭水化物が多く含まれているドッグフードよりも、肉が主体のものを選ぶべきです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 愛犬のためのドッグフード完全ガイド7 All Rights Reserved.