動物性のタンパク質がとても重要になって
ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。
ホームボタン
動物性のタンパク質がとても重要になって

動物性のタンパク質がとても重要になって

動物性のタンパク質がとても重要になってきます。犬は本来人間と同じものを食べることは可能です。
しかし栄養バランスの取り方は犬と人間は全く異なります。犬が一番必要だと思われる栄養素はタンパク質です。


犬は人間よりたくさんのアミノ酸を摂取し、タンパク質から取らなければいけません。ここで本来大切なのは動物性タンパク質と言われる肉などを摂取しなければいけません。

植物性のタンパク質は動物性と違い、アミノ酸をたくさん取ることが出来ません。



犬は植物性のタンパク質は分解出来ないから植物性はよくありません。ドッグフードは安いし、低品質な穀物とタンパク質の量がきちんと配合されています。


しかし、ドッグフードの成分表には、細かく成分が書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり計算されているか分かりません。
ドッグフードを選ぶときには、肉と穀物、どちらが中心のものが良いのでしょうか。
しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)も「犬・猫の構造上、炭水化物は不要であり、犬・猫は炭水化物を全く必要としないようである」と発表しています。

その他の専門機関でも、犬にとって穀物(炭水化物)が悪いというよりは、取ったところで健康への影響はない、と考えられる傾向にあります。わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。

それなのに多くのドッグフードには穀物がたくさん入っています。どうしてかというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。
良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。

何を基準にドッグフードを選びますか?客が冷静に判断するというよりはつい買ってしまいたくなるような言葉を盛り込むことは、売り上げに直結するので販売にはかかせないものになります。目を引くようなフレーズの配置は、ドッグフード以外でも当たり前のことです。次のような宣伝広告のドッグフードがあったらどうでしょうか。
柴犬のドッグフードを探している客にとって「柴犬専用」という文章は他の商品に比べて目につきやすくなるでしょう。

冷静に考えると、そもそも柴犬専用のドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。
専門的なことはよくわからないけど、メーカーが柴犬専用だとわざわざ教えてくれてるんだし、良いんじゃない?本当に柴犬専門のドッグフードなのかもしれません。それよりも、別の部分でそのドッグフードを考察した方がいいかもしれません。強調されたフレーズを批判しようとは思いません。


しかし、ドッグフード購入の際には、キャッチコピーに惑わされないでください。

いつもドッグフードを食べさせている場合、絶対確認すべき項目は、「栄養バランスが取れた食品かどうか」「ペットフード公正取引協議会が決めている目安を守っているか」「年齢に合ったドッグフードを選択する」の3つです。
飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、おやつ、追加する食事に分けられます。



総合栄養食とは、犬が摂取しなければならない栄養素が詰まっているものですから、これと水をあげれば十分です。要するに、安心して毎回与えてよいドッグフードのことです。

間食は大体おやつに使用され、他にも理由によって食べ物があり、動物病院の療法食を与える時もあります(大体の療法食が総合栄養食になっています)。つまり、間食やその他の目的食はそのフード単独では犬の栄養を満たすことができないため、毎回与える食品に該当しません。

ドッグフードを探す場面では一番目に「総合栄養食」と明記されたものを見つけてください。

ドッグフードは高いと思いますか、安いと思いますかドッグフードにも様々な価格帯がありますが、その中でも一般的なものは500円〜700円のドライタイプのものだと思います。では、この価格帯は、食料品として正しいのでしょうか。



人よりも犬のほうがいいものを食べているようだ、と思うかもしれませんが、プレミアムドッグフードという名がつきながらも、人間の食費よりは安価です。


ほぼ一生の間、犬は同じドッグフードを食べ続けます。
老後、病気になったときに、その原因はまともじゃないものの入ったドッグフードを食べ続けたことかもしれません。食品衛生法などで守られていないドッグフードにおいて、まともじゃない原材料とは本当にまともじゃないものが入ってます。



正直に言えば、人間のジャンクフードのほうがまだましです。


ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべきか意見が分かれるところです。
しかし、炭水化物を取ったとしても、犬はあまり消化ができません。



また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「しっかりとタンパク質を摂取することにより、たんぱく質を十分に取るべきである」との見解を示しています。
一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。



特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。
しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。なぜならば、価格を抑えてドッグフードを作れるからです。


たんぱく質を取るなら穀物はお勧めの原料ではありません。
炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。
家族である証として、毎日犬が食べるドッグフードは良質のものにしましょう、と提言されると、良質なドッグフードを市販で購入することは難しいと思ってしまいませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。



人の食事と比較してドッグフードの品質に疑問を感じるのは、家族なら当然の感情かもしれません。
この様な考えではドッグフードを選べない、と悩んでしまいそうですが、余分な成分を与えないのなら、生肉を食事にするのが一番の解決策になります。そこまで悩まずとも、犬の生態を勉強し、まずは健康を第一に考えて、わんちゃんの体質に合ったドッグフードを選ぶべきです。


そのようにして、最低限の条件をクリアしたドッグフードの中から、より原産地などを選別し、どのドッグフードが犬のためになるのかぜひ真剣に考えてみてください。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 愛犬のためのドッグフード完全ガイド7 All Rights Reserved.