市場におけるドッグフードの価格はどのよ
ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。
ホームボタン
市場におけるドッグフードの価格はどのよ

市場におけるドッグフードの価格はどのよ

市場におけるドッグフードの価格はどのようなものでしょうか通常のドッグフードの倍の値段もするプレミアムドッグフードなどもありますが、一般的なドライタイプのドッグフードは大抵約500円から700円程度だと思います。

食料品としてみた時に、この相場は妥当なのでしょうか。飽食と言われる時代でも、人間以上に犬のほうがいいフードを食べているかもしれない、と感じるかもしれませんが、プレミアムドッグフードと呼ばれているドッグフードでも人間の食費よりは安いはずです。


人間では考えられないくらい長い間、犬は同じフードを食べて過ごします。
まともじゃないものが入ったドッグフードを食べて健康を害したら、そのぶん治療費がかかります。

原材料に何が使われているなんてさっぱりわからないドッグフードですが、食品衛生法などで守られていないという点で、実にまともではないです。

人間のジャンクフードがかわいく思えるくらいの「まともじゃなさ」です。

犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されると一般に販売されているドッグフードでは物足りないのでは?という疑問を抱きませんか?食品添加物、◯◯ミール、なんの肉を使っているのかわからない原材料、たしかに「犬の餌は人間の食事より粗悪」だとワンちゃんを愛していればいるほどに感じてしまうかもしれません。

この様な考えではドッグフードを選べない、と悩んでしまいそうですが、原材料に保存料や添加物の不使用にこだわるのなら、食事は生肉になってしまいます。



神経質になりすぎるよりも、わんちゃんのことを理解し、ドッグフードといっても、年齢や種別、体調、大型犬か小型犬かによってベストなドッグフードは異なります。


ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、ワンちゃんのためにぴったりなドッグフードを選んであげることが重要です。

ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべきか意見が分かれるところです。
しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。

また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。


他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨している訳ではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。
それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。
どういうことかというと、価格を抑えてドッグフードを作れるからです。
たんぱく質を取るなら穀物はお勧めの原料ではありません。炭水化物は重要な成分ではないので、たんぱく質をしっかり取るためにも肉がたくさん含まれているドッグフードを選びましょう。わんちゃんのご飯はお肉と雑穀のどちらがいいか、人それぞれ考え方が違います。しかし、犬の体は炭水化物を消化しにくい仕組みになっています。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。たんぱく質を十分に取るべきである」との見解を示しています。
また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いというのではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。

犬にとって必要不可欠な成分ではないので、市販のドッグフードにも「炭水化物」を強調しているものは見当たりません。それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、単に穀物を原料とした方が利益率が高いからです。
良質のたんぱく質を取るのなら穀物からは無理ですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが重要です。



犬は本来人間と同じものが食べられます。
体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。犬は人間よりたくさんのアミノ酸を摂取し、タンパク質から取らなければいけません。ここで、大事なものは肉を中心とした動物性タンパク質が重要となってきます。



植物性のタンパク質では犬に物足りず、アミノ酸がきちんと取れません。

犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。ドッグフードは安いし、低品質な穀物とタンパク質の量がバランスよく配合されています。

しかし、ドッグフードのパッケージには、簡単に粗タンパクとしか書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり含まれているか分かりません。毎食ドッグフードを使うなら知っておくべき点は、「トータル的に栄養が摂れるドッグフードかどうか」「ペットフード公正取引協議会の決まりに添っているかどうか」「生活スタイルに見合うドッグフードを与える」の3つの要素があります。ワンちゃんのお食事は栄養たっぷりの総合食、ごほうびになる食品、好みのものの3種類あります。



総合栄養食とは、これと水分を摂取すれば十分犬の健康が維持できる食品のことです。だから、基本の食事に使うのにふさわしい食品です。



おやつをあげる場合もあり、また、総合栄養食に加える食べ物もあり、動物病院の療法食を与える時もあります(大体の療法食が総合栄養食になっています)。

まとめると、軽食とか、主食にならないフードとかばかりでは、犬が不健康になってしまうので、主な食事に相応しくないものです。ドッグフードを与えようと思うなら、「総合栄養食」の文字があるパッケージのものをセレクトして下さい。何を基準にドッグフードを選びますか?広告コピーは消費者の思考を簡素化、抽象化させるのが目的で、広告コピーは売り手側にとって商品の売り上げを左右する重要なものです。キャッチコピーが目立つのはなにもドッグフードに限りません。あるドッグフードで次のような広告文章が配置されている場合を考えてみます。柴犬の飼い主にとっては「柴犬専用」と書かれているドッグフードは魅力的に映るでしょう。


そうはいっても、そのドッグフードが本当に柴犬専用なのかはわかりません。何が「柴犬専門」かはわからないけど、「柴犬専門」と書かれているなら専門なのだろう。そのドッグフードを精査する部分が「柴犬専門」だけでいいと判断しても大丈夫なのでしょうか。なにもキャッチコピーがすべて悪いというわけではないでしょう。目につく文章のことのみにとらわれず、慎重にドッグフードを購入してほしいものです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 愛犬のためのドッグフード完全ガイド7 All Rights Reserved.