ドッグフード選びにあたり、どこに注目しますか?広
ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。
ホームボタン
ドッグフード選びにあたり、どこに注目しますか?広

ドッグフード選びにあたり、どこに注目しますか?広

ドッグフード選びにあたり、どこに注目しますか?広告コピーは消費者の思考を簡素化、抽象化させるのが目的で、広告コピーは売り手側にとって商品の売り上げを左右する重要なものです。
ドッグフードのみならず、購買意欲をそそる言葉はすぐに目に入るところにデザインされています。


次のような言葉がデザインされたドッグフードを例に挙げてみます。



愛犬が柴犬の客にとっては「柴犬専用」という商品を思わず手に取ってしまうでしょう。
冷静に考えると、そもそも柴犬専用のドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。取りあえず「柴犬専用」とかいてあるから間違いはないんじゃない?確かにそうかもしれません、しかしそうでない可能性もあります。なにより、そのドッグフードの良し悪しを決めるポイントが「柴犬専用である」ところではないかもしれません。目につく文章を商品から排除すべきとの意見を述べるつもりはありません。
私はフレーズのみでドッグフードを選んでしまうことには疑念を抱いています。ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべきか意見が分かれるところです。犬は炭水化物を上手く消化できません。

また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。それにもかかわらず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。
良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。家族の一員である犬のドッグフードは厳選して選びましょう、というと良質なドッグフードを市販で購入することは難しいと思ってしまいませんか?細かく成分内容をみると、余計に心配になりそうです。



どうしても家族として考えてしまうから、ドッグフードにも人間の食材と同じ品質を求めてしまうかもしれません。考え込み過ぎてどのドッグフードが最善かわからなくなってしまいそうですが、ドッグフードにはどうしても保存料などが含まれてしまいますので、代わりに生肉を食べさせるしかありません。
神経質になりすぎるよりも、わんちゃんのことを理解し、犬の種類はもちろんですが、子犬か老犬か、体格などにもよって選ぶべきドッグフードは変わってきます。


ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。ドッグフードを買うのにどのくらいのお金がかかるかご存知ですか1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードから、10kgで1000円前後の安価なものまで売られていますが、500円から700円程度のドライタイプがペットショップでの売れ筋のようです。

この相場、食料品として正しい価格なのか少し考えてみたく思います。人よりも犬のほうがいいものを食べているようだ、と思うかもしれませんが、いわゆるプレミアムドッグフードでも、人間の食べ物よりも安価のはずです。ほぼ一生の間、犬は同じドッグフードを食べ続けます。

お金がかかるのは、まともじゃないものが入ったドッグフードを食べ続け健康を害した場合ではないでしょうか。原材料に何が使われているなんてさっぱりわからないドッグフードですが、食品衛生法などで守られていないという点で、実にまともではないです。安全の度合いでは、人間のジャンクフードのほうがはるかにましです。毎日ドッグフードを使っているケースでよく覚えておいた方がいいところは、「トータル的に栄養が摂れるドッグフードかどうか」「ペットフード公正取引協議会の決まりに添っているかどうか」「生活スタイルに見合うドッグフードを与える」の3つの要素があります。


ドッグフードは与える理由別に、栄養補給に欠かせないもの、食べたがるもの、水分補給のものがあります。総合栄養食があれば、一般的に犬の栄養がしっかり摂れて、あと必要なのは水分だけです。要するに、安心して毎回与えてよいドッグフードのことです。
おやつをあげる場合もあり、また、総合栄養食に加える食べ物もあり、動物病院で出される症状にあった食べ物も入ることがあります(この食べ物はほとんどの場合総合栄養食です)。
結果的に、おやつやそれ以外の食べ物だけでは犬の健康を維持できないので、毎食出す食べ物になりません。

ドッグフードを買う際にはまず初めに「総合栄養食」と書いてあるか確認してみてください。ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべきか意見が分かれるところです。

しかし、犬の体は炭水化物を消化しにくい仕組みになっています。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質を中心に食事をすれば、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。
また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いというのではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。どちらでも良い成分なので、ドッグフードの成分表示に「炭水化物」は記載されていません。それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。

良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、必要のない炭水化物が多く含まれているドッグフードよりも、肉が主体のものを選ぶべきです。動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが重要です。
犬は本来人間と同じものが食べられます。
体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。



犬が本当に必要になる栄養はタンパク質です。犬は人間よりたくさんのアミノ酸を必要とします。アミノ酸はタンパク質から摂取することが出来ます。


ここで本来大切なのは動物性タンパク質と言われる肉などを摂取しなければいけません。

植物性タンパク質は犬に必要なアミノ酸をたくさん摂取することが出来ません。実は、犬の消化器官は植物性タンパク質を分解することが難しいです。ドッグフードは安く買えるし、タンパク質の量も増やされたりしながら調整しています。しかし、ドッグフードのパッケージには、簡単に粗タンパクとしか書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり含まれているか分かりません。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 愛犬のためのドッグフード完全ガイド7 All Rights Reserved.